読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

呪いと日本人 小松和彦

孤独に効く読書

奈良時代平安時代における呪詛のかけあい。

 

日本のおどろおどろしい側面は都から始まったのだな。

 

システム安定の為、呪いや祓いを生み出してきたのがよくわかる。

 

ガス抜きとしての呪い。そして、安全装置としての祓い。

 

呪いってのは、国を回すための必要悪だったのだ。

 

皇族や貴族階級で、呪詛合戦があったのが、より人間とは何かというのを映し出している。

 

ヒエラルキーの上位にいたとしても、当然妬みは消えやしない。むしろ、より強くなるのではないか。ドラマでも砂の塔とかやってるけど、同じようなもんだろう。

 

現代も変わっていない。

 

呪いはなくならない、人が成功や栄誉や勝利を目指す限りは。