読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自由を満喫する40代バツイツ男

嫁に逃げられて死ぬほど辛かったんだけど、今は回復して、こうなったら好きにイキタロウ

要は寂しいんですよ

元嫁は聞き上手なタイプだったので、私の受け売り話も興味深そうに聞いてくれた。

 

読書好きなので、話すネタは次から次へと出てくる。それを聞いてもらうのが本当に幸せだった。そういう人が居てくれるってのは有難い貴重なことだったんだ。

 

今だったら、金払ってスナックなどに行かないと聞いてもらえない。安月給なので、スナックやらキャバクラなんて通えないし、なんか虚しいしな、今までと比べてしまうと。あーあ、貴重な嫁を失ってしまった。また、後ろ向き思考だが当分後ろ向きはやめられない。だが、いつか、スパッと生まれ変わりたい、という思いは抱いている。これって例の明日からがんばる思考と一緒なのかなあ。わからん、だが、いつか、前向きになれる日が来るだろう。

 

ところで、スナックってこれから需要が復活するんじゃないかと思うんだが、どうだろうか?性的な欲望で若い女を求めるキャバクラでなくて、ただ寂しいから話を聞いてもらいたいという需要を満たすことを最優先する、っていうとスナックっていう場所がしっくり来るように思える。今後も、独身者は増える傾向にあるんだろう。便利になり、一人で快楽は満たせるけど、話を聞いてもらいたい欲はどんどん満たせなくなりそうな世の中だと思うんだ。ブログやツィッターで独り言を垂れ流して、なんとなく自己満している人々は増えているけど、やっぱ、面と向かって話を聞いてもらいたいっていう欲は強いはずだ。

やってはいけないことをやっているのかも

さんざん離婚に関する情報を読んできたが、どれもこれも、いや離婚に限らず、人間は前を向いて生きていくしかないってのがほとんど真理。

 

後ろ向きを推奨している文章なんて読んだことねーぞ。

 

おかしいな。ほんとの願いを願って何が悪い?

 

俺の嘘、偽りの無い、真の願いは、時間を遡り、元嫁とあの日あの時間をやり直すこと。

 

だが、世の条理はそれはありえないだけでなく、害悪だと申される。

 

うーん、どうしたもんかな?俺は、間違った方向に思考を働かせているんだろう。いや、客観的にはわかっているんだけど、理性より感情のほうが強いいきもんだろう人間っていうやつはよ。

 

他人事だから、過去の思い出に固執するのは無駄だっていえる。そして、それはきっと正しいんだろう。

 

 

 

 

このまま

明日目が覚めなくてもかまわないわ。もう人生に悔いはない。このまま酩酊したまま旅立てたら本望だ。

なんでもないようなことが

なんでもないようなことが幸せだったと思う。って歌詞はなにげに真実だよねって二人で会話もしていたのに、なんでこんなことになってしまったんだ。重い重すぎる。唯一の夢はあの頃に戻ること。それが無理なんだったら、なにを希望に生きていけばいいというのか。

 

 

だめだわ

簡単に忘れられるわけがない。トータルで17年もつきあってきたんだ。

 

もうだめ、無理。

 

とにかくつまらない。何もかもがつまらない。共有できないなにもかも。寂しい、虚しい。こんなぶろぐ書いてたいくない。最悪だ。だが、自殺は絶対にしないというかできない。ただ自暴自棄はできるかもしれない。どうせなら、おもしれーことやってやりてえわ。

さようなら

あの頃の二人にさようなら。

 

俺がどんなにあの頃の二人を美化しようとも、あの頃には戻れない。

 

そして、こういうロマンチシズムは振られた側のひとりよがりだってのが世の常。

 

たくさん泣いたよ。二人暮らした場所へ行って一人泣きまくったりもした。

 

どんなに泣いても、時間の巻き戻しを願っても、ただ現実、時間は流れていくだけ。

 

日々の生活の中、二人過ごした時間は遠くなっていく。

 

切ないって言えば切ない。今でも、戻れるなら戻りたい。

 

でも、それは不可能。不可能、絶対に。あの頃、あの時間に戻ることは不可能。

 

人間は根源的に時間的存在なのだ。

 

あとは、思い出にさよならをすることだけ。

 

飽きるぐらい、カーペンターズのGood bye to loveも聴いた。

 

飽きてしまった。同時にラクにもなっているんだろう。

 

ああ、このまま記憶が薄れていくんだろう。寂しい。

 

もう一度あの頃の二人に戻って抱き合いたい。

 

悲しいね。

 

 

そして思い出へ

なんとなくだが、地獄のような喪失の苦しみからは脱出できたように思える。

 

虚しさ、寂しさはつきまとうが、眠れない死にそうな状況はもう起こっていない。

 

けど忘れることなどできない。

 

どんどん過去が美化されていっている。未練たらたら系男特有の現象だ。

 

いつまでも過去の感傷に一人浸ることをし続けてしまうような気がしてならない。

 

いい悪いでなく性格だから自らコントロールできるものでないってのもある。

 

未完の事象ってのは、無限の可能性を秘めたままだから、永遠に美化され続けてしまうのはしょうがないことじゃないのかな。