嫁に逃げられた40代男

悲しみの別れが最高の自由へとつながった

今は自由でいいな

https://twitter.com/pha/status/1162372322444976129

 

中学生の頃に筒井康隆とか岸田秀とか読んだせいで世の中の決まりごとなんてどうでもいいと思うようになったのかもしれない。ということをphaが言っているけど、それは単なる一個人が読んだからというより、社会がリベラル化して筒井、岸田に代表される価値観を共同幻想として我が日本が共有するようになったからだな。そしてまさに今、さらにそれは進行している。ちょっと前までは、中年無職が昼間っから街を徘徊するのをためらわさせる空気があったが、今ではすっかりないな。俺も、無職無精ひげで堂々とチャリンコで街を流せる笑 まあ、都市部はそうなったが、地方とか田舎はまだまだ共同体の監視の目があるのかもしれんが。

なんか書くか

しばらく放置していたこのブログだが、表現力向上の一環として、またなんか書くかな。

 

嫁に去られて孤独に打ち震えていたとき、結構支えになったのは読書だった。

 

そんで、孤独に効く読書なんてカテゴリーもつくって、辛い寂しいと泣き喚くあいまに、感想文を書いたりもしていた。

 

本は読みっぱなしはもったいない。なんらかのアウトプットすることにより、ディープに身になるものだ。

 

ここは気楽に感想を書き散らす場所にしようかな。

仕事辞めるわ

上司にも伝えたし、同僚にも知れ渡った。

 

これからは、男一匹好きなことしまくるライフをエンジョイするぜ。

 

1月上旬まで努めきれば、その後はパーフェクトフリーダム。何しても良いし、どこにいってもよい。今、そんな状況に酔い、飲みすぎている。だが、最高に気分が良い。

 

 

真のフリーダム

なんかもう辛くなくなってきた。

 

いまや独身珍しくないし、僕らは独りじゃなーい。

 

日曜の朝から、NHKがウツウツモードな孤独死特集やってたけど、まあ、そういう時代なんだから、で、何?って感想しかないな。孤独死をロマンティシズムで語るのはナンセンス。

 

独り身だからって悲観することもねーよ。そういう時代だよ。僕達は独りじゃなーいからな笑

 

海洋散骨など含め、そんときの社会的システムにそった死後処理を準備したうえで、今、生きることをただ楽しめばいいんじゃね?

なるようにしかならない

人生は、結局なるようにしかならない。という真実がある。

 

ただ、そうなった。それだけのこと。

 

あ、失敗した、やり直そ、ということがゲームのようにできない。

 

ようするにコントロールができない、ということだ。

 

しょうがないとしか言いようがない。

 

この諦念を前向きに受け取り楽しむか、延々と不条理を嘆き続けるか、人が取る選択肢はこの二つだけだ。

 

 

 

 

あまりおもしろくなはい

未練たらたらで、いなくなった女の亡霊を追っかけてもしょうがないわ。

 

もうやめようか。

 

どうせもうすぐ俺達死ぬんだぜ。

 

ありうるかぎり、好きなことやっちまえばいいんだ。

 

この世はバカバカしい。くだらねえ見栄を保つだけにエネルギー注いでるつまらねえ奴が多いわ。

 

というか、もうどうでもいいんだよ。かといって死にたくもなし。

 

健康をキープして、あとは快楽に浸る、それでいいじゃん。

 

エロ漫画、エロゲーは好きなんだよ。というか、それでゼニを稼ぐよーん、って元嫁にハッタリかまして、実際やってみたら、難しすぎワロタってのが俺の末路でございます。